最果ての鉄路から

宗谷本線が好きになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五能線・男鹿線を旅する

だいぶ間があきました、masakovです。

この前(といっても3月)北東パスを使って五能線と男鹿線に乗ってきました。
たまたまはまなすカーペットの券をゲットできて、したら本州で手近に行けるならどこ行くかなと思って、まだ行ったことのない路線を選んだらここになりました。

2012-3-24~28 017
3月24日のすずらん82号は789系

2012-3-24~28 022
28番上席です。
ですがこの席、あんまりお勧めできません。
この席はちょうど戸袋にあります。
なのでドア開けるときにすんげー気になる。
おまけに上りだとちまちま停まっていくじゃないですか。
指定席料金で乗れるので文句は言いませんが、あんまし寝られませんでした。
多分青森発ならぐっすり寝られるんだろうなぁ。

2012-3-24~28 059 2012-3-24~28 057
青森からは3時間ぐらい待って、このハイブリッドな奴に乗りました。
よくわからないんですが、加速の時はなんか電車みたいな音立てて、途中からディーゼルに変わるんですね。

列車は結構混んでました。
あとCD席は海見られませんので、そのつもりで。
途中弘前と川部と東能代で進行方向が変わります。3回も変わります。
最終的に秋田には進行方向後ろ向きに到着しそうですが、みんなオホーツクとか特快きたみの遠軽とかエアポートカムイの札幌みたいに席を回すのでその心配はありません。

2012-3-24~28 078
深浦ではリゾートしらかみ1号と交換します。
相手は魔改造キハ48ですね。
ぶっちゃけリゾート列車なんだから速度要らないし、キハ48で十分ですよね。
いい魔改造活用例です。

あと、瓶入りのリンゴジュースは結構おいしいんで飲んでみてください。
板柳町で作っているそうです。

2012-3-24~28 098
秋田に着いてから、10分ほどの乗り換えで男鹿線の列車に乗れます。
対面乗り換えなのでそうは困らないでしょう。
もし不安なら一個手前の追分で降りましょう。しらかみは特急つがると違って追分駅に停まります。
写真は男鹿駅です。

2012-3-24~28 101
広大な敷地。
人は結構乗ってましたよ。
4両編成はさすがに過剰じゃないかなと思いましたが。
ここでもみんなのアイドルキハ40は頑張ってます。

2012-3-24~28 126 2012-3-24~28 129
男鹿線に乗った後に青森行の鈍行で弘前まで行きました。
その途中大館で583系に出会いました。
団臨でいつまでも活躍してほしいです。

2012-3-24~28 132
弘前では駅そばがまだ開いていたのでじゅんさいそばを食べました。
ここで腹ごしらえした後に大鰐温泉で一風呂浴びました。
安定の鰐come.
大鰐温泉からは特急つがる7号で青森までワープ。
運賃は890円かかりますが、自由席特急券がぎりぎり500円なのでちょっとお得・・・かな。
青森からはまた急行はまなすで札幌に帰りました。

ではまた

ノシ




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。