最果ての鉄路から

宗谷本線が好きになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サロベツ原野の街、豊富町を巡る

どうもmasakovです。

道北旅行2日目

2013-6-8 178
幌延駅のちょっと先の踏切から、名寄行と稚内行が交換します。
稚内行はここで数十分停まり、札幌行のスーパー宗谷2号とも交換しているところをパチリ。

2013-6-8 191
その稚内行鈍行に乗りまして、豊富駅を目指しました。
キハ54は気動車の中でも大好きな部類。
国鉄の置き土産(ボソッ)

2013-6-8 204
豊富町はサロベツ原野と牛乳が有名な町。
特に牛乳はセイコーマートでも売られていて有名ですね。
今回は特急サロベツの列車名の由来となったサロベツ原野にレンタサイクルで行ってみました。
駅前にある観光センターで自転車を借りることができます。

2013-6-8 208
あーーーーーーまっすぐの道!!!!
これぞ北海道!!!
天気にも恵まれて!!!!素晴らしい!!!!
サロベツ原生花園というビジターセンターがあるので、そこまで自転車で走ります。

2013-6-8 210
豊富駅から7㎞ぐらいでしょうか。
中は木道が引いてあり、そこを歩いて回ります。

2013-6-8 224
あーマジで何もねぇ
サロベツ原野にはシマアオジという絶滅危惧種の鳥がいるらしく、おばちゃんが三脚に望遠鏡で観察していました。
面白そうだったのでちょっとのぞかせてもらったのですが、ちゃんと見えました。
バズーカもって写真撮ってる人もいましたね。
カメラガチ勢怖っ(違)

2013-6-8 249
ビジターセンターを後にして、日本海側の海岸を目指します。
途中原野のど真ん中に看板がでーんと鎮座していました。

2013-6-8 257
道道444号を5㎞ほど西側に走り、砂丘林を抜けると稚咲内(わかさかない)という集落に着きます。
漁港まで来てみました。
近くにはドライブインがあるのですが、どうやら閉店してしまったみたい。
でかい駐車場と無駄に自動ドアな便所だけが生き残っていまして、ちょっとした木道の先に稚咲内園地という看板がありました。

2013-6-8 288
実はこんな何にもないところまで沿岸バスが来ています
沿岸バス恐るべし・・・。バス停の名前は稚咲内第2です。
豊富駅から出ているバスの終点がここです。
稚咲内の集落の中心で降りたかったら稚咲内第1でお降り下さい。
豊富駅から稚咲内第2まで夏は1日3往復、冬は1日2往復のバスが出ています。

2013-6-8 325
来た道を豊富町の中心に戻る途中、サロベツ原生花園というバス停があります。
ですが、写真に写っている2枚の看板以外ほぼなにもありません。
サロベツ原野のど真ん中で降ろされることになります。
さっき見せたサロベツ原生花園ビジターセンターにいくには、サロベツ湿原センター前で降りてください。

2013-6-8 336
豊富町の中心部には入らず、舗装されたすごいきれいな農道を突っ切って、徳満駅近くの宮の台展望台にやってきました。
フォロワーさんにおすすめの展望台と言われて利尻富士を見にきました。

2013-6-8 343
展望台に上がる坂がきつかったけど、この風景みたら吹っ飛びますね。
幌延町の方にもサロベツ原野のビジターセンターがあるらしいので、次来るときははそこに行ってみましょうかね。

2013-6-8 370
ちょうど札幌行の特急サロベツが上っていきました。
3日目に札幌に帰ったのですが、サロベツの指定を取ったらまんぷくサロベツ号でした。
さながらこいつははらぺこサロベツ

これでレンタサイクルの旅行は終了。
観光センターが閉まるのが15時だったので、15分前にはついて返却できました。
借りた自転車はちょっとホイールが曲がっててお世辞にもいい自転車とは言えませんが、ちょっと乗るぶんなら大丈夫でしょう。

ここで1時間半待ち、鈍行で稚内に行く予定でした。
ですが疲れました。
駅前に特に休めるところもなく、ちょっと一風呂浴びたい気分。
豊富町には原油を掘ってたときに出てきた豊富温泉というのがあります。
町の中心から6㎞ほど離れていまして、駅からはバスで行きます。
ちょうど駅前に留萌行の沿岸バスが停まっていまして、

2013-6-8 383
行ってしまいました。豊富温泉
ここの温泉はお湯にちょっと油が浮いているのが特徴です。
昼飯を食べてなかったので、ここで取ることに。
鹿肉カレーというのに魅かれて食べてみました。歯ごたえがあって面白い食感の鹿肉でした。
2時間ほどの滞在で、豊富駅に戻りました。
当然鈍行は行ってしまいましたがバスに接続するように稚内行の特急サロベツが来ます。

2013-6-8 398
この日の下りはまんぷくサロベツで、次の日私が乗ったのは折り返しの札幌行でした。
通常のサロベツなら稚内方先頭車が自由席なのですが、ノースレインボーだとどこが自由席なのかわかりません。
豊富駅は無人駅なので車掌さんが顔出している3号車から乗って車補で南稚内まで切符を買いました。
3号車の1階はラウンジスペースになっていて、稚内市観光協会の人たちがいました。
ちょうど私が乗って切符買ってるところが見られていたので、乗車記念品の稚内市パンフレットと北寄貝の燻製を持ってきてくれました。
沿線のおいしいものを積んで走るのまんぷくサロベツ号、同じ3号車のカウンターが売店になっていたのですが、豊富駅を出たころにはすでに閉まっていました。
あいてたら名寄バーガーでも食べようかと思ったのですが・・・下りのみの積み込みなので次の日では食べられないんですよね・・・
乗車証明書は上り下りで違うので、これもいただいてきました。
豊富~南稚内1区間しか乗らないのにすごい得した気分でした。(といっても40㎞ほど距離があります)

2013-6-8 403
抜海~南稚内の間では利尻富士が見られるために減速運転。
南稚内でサロベツ号を降りて、駅前のホテルに1泊しました。

つづく

ノシ






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masakovmasakov1100.blog55.fc2.com/tb.php/258-5595d241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。