最果ての鉄路から

宗谷本線が好きになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特急サロベツの先頭車変更

20160410 026


特急サロベツの札幌方の先頭車が、2016年3月のダイヤ改正から変わったのはご存知でしょうか。
今まではN・NN183の先頭車が札幌方の自由席を務めていましたが、ダイヤ改正からスラントノーズの先頭車に置き換わりました。
JR北海道の列車紹介の中にあるシートマップもスラントノーズの座席配置になっているので、もう恒常的に変更されるのでしょう。

さて、このスラントノーズ、車両は3両で回しているみたいです。
キハ183-218、219、220です。
この車両は、その昔特急とかちが運転されるにあたって、グリーン車無両スラでも運転できるように、車販準備室が車掌室に改造されたクルマでした。
なので、ダイ改前までは特急オホーツクの遠軽方先頭車として、NN183が走れないときに連結されていました。
両スラオホーツクの遠軽方先頭車はこの車掌室付きスラントノーズが多かったようです。

ちなみにダイヤ改正以前は、キハ183-1504、1555、1556の自由席で回していました。
現在、キハ183-1504は特急北斗
1555、1556は特急オホーツクの遠軽方先頭車として動いています。
新幹線が開業した後北斗の両数が増えていますので、N183の余裕がないのでしょうか。
1504だけではなく、もっぱらサロベツの増結用として苗穂でスタンバイすることが多かったキハ182-512も函館に移り、北斗として運転されています。

20160504 036_01
GWに撮った特急サロベツです。
宗谷線 佐久~筬島にて

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masakovmasakov1100.blog55.fc2.com/tb.php/286-dbb5979f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。