最果ての鉄路から

宗谷本線が好きになりました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田からの続きです。
思えばもう1週間たったんだね。
早いね。

SANY0574.jpg
特急つがる5号はE751系。
個人的には485-3000がよかったんだけれども、
乗ってみて751もいいかなと思いましたよ。

急行はまなすに間に合うには後続のつがる7号で行けばいいんですが、
この特急が停まるどこかの駅で途中下車しようと思いまして、
でも、このときまだ自由席特急券を持っていなくて、
車内検札が来るまでに決めるという無茶ぶり。
夜行の前に風呂入りたくなって、
温泉と名がついているから大鰐温泉が頭に浮かんで、
実際に携帯で検索したら本当に駅前に公衆浴場があったので、車内検札に
「大鰐温泉まで!」

まあ実際に大鰐温泉で途中下車しましてね。
SANY0578.jpg


途中下車印を押してもらおうと思ったんですが、
窓口営業時間終了・・・。

諦めて公衆浴場に向かいました。
そこは「鰐come」といいまして、まあ町民の交友スペースみたいなものも兼ねていました。
入口がよくわからなくてきょろきょろしていたら、
明らかに地元のおばあちゃんに案内されました。
訛りがすごくて結構何言ってるかわからなかったですが、ありがとうばあちゃん。

入口では券売機で入浴券を売っています。
一般は500円、町民は300円だってね。
タオルは湯田中で買ったやつがあるからかわなかったけども。
キャリーケースとボストンバッグ持った変な人が受付のおばちゃんに入浴券見せたら、
「大きい荷物はお預かりしますよー(津軽弁らしき訛りを標準語に訳したもの)」と。
気軽に大きな荷物を預けられたのですごい便利です。

お風呂も広くて、足を伸ばしてゆっくりできました。
湯上りどころには軽食コーナーがあって、
ちょうど夕飯時だったのでそばを注文。
ついでにりんご酢とリンゴジュースも注文。
はたから見たら怪しかっただろうなー。
SANY0577.jpg

ここ休日は失念しましたが、平日は夜の10時まで開いています。
かなり便利ですよ。
ぜひ一度利用されてはいかがでしょうか。
特に急行はまなすに乗る前とか。

さらば大鰐温泉。
まさか降りるとは思わなかったよ
SANY0580.jpg

弘南鉄道の大鰐線なんてあるんですね。
SANY0586.jpg

さて、後続の特急つがる7号に乗って青森に向かいます。
こんな時間、しかも平日なのに大鰐温泉から3人も乗ったのには驚いた。
青森に着いて、はまなすを待ちます。

さあ今回は初めてのカーペットカー!!
しかも上段!
おまけに今日のはまなすカーペットは満席っていうね!
平日なのに・・・。

SANY0608.jpg
外板ベコベコでもロゴがいいね!!

SANY0611.jpg
ベッドはこんな感じ。
上段はパーテーションが区切られている分、こんなもんでも荷物を置くスペースが結構確保されていると思います。
通路側にキャリーケースとボストンバッグを置いて、窓側に体を横たえて寝る感じ。
標準体型の私でも普通に寝返りも打てますよ。

んで布団をふと見ると
SANY0612.jpg

うーん・・・
JR北海道的にはOKなんだろうね。

もう青森出てちょっとして横になっていたら寝ていました。
本当ぐっすり。
起きたら東室蘭だったもん。
自由席、ドリームカーともに乗車したことがあるから言いますが、
これは余裕で寝れる。
飛ぶようにチケットが売れていく意味がわかったような気がしました。

そんなこんなで札幌に帰ってきて、
その日から授業に出て、

そんなかんじです。
いい旅でした。

夏はどこに行こうかしら。
今自動車学校に通っているので、車で旅行行けるといいね。

ではまた

ノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masakovmasakov1100.blog55.fc2.com/tb.php/68-f87c1d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。